1. ホーム
  2. エステサロン選びのポイント
  3. ≫体験エステでしつこい勧誘にあった時のための対処法

体験エステでしつこい勧誘にあった時のための対処法

体験エステに行ってみたいけど、勧誘が心配。

当サイトでは、しつこい勧誘のないエステサロンを紹介しています。しかし、そのようなエステサロンでも、実際に行ったら「勧誘された」というケースもあります。

  • 口コミで勧誘がないエステサロンだから言ったのに、勧誘にあってしまった。
  • 強烈な営業トークに断れない雰囲気。
  • 断ったら嫌な顔をされて仕方なく契約

「勧誘をされた」というのは、個人の受け取り方によるので、相手は、そのつもりではなく、本当にベストな提案をしていると思って勧誘はしていないという認識である場合もあります。

そうは言っても、せっかく楽しみにしていた体験エステで、そのような対応をされると非常に不快な気分になりますよね。

ましては、巧みなトークで、今契約しないとそんな雰囲気に持ち込んで不本意に契約されられたら後悔です。

そのようなことにならないために、体験エステでしつこい勧誘にあった時のための対処法を紹介します。

体験エステでしつこい勧誘にあった時のための対処法

しつこい勧誘のないサロンであることを確認する

公式サイトもしくは、電話で「しつこい勧誘はない」「体験エステで契約させられる心配はない」サロンであることを確認します。インターネットから予約をすると、翌日か翌々日にエステサロンから予約の確認の電話があります。

その時に、「体験当日に契約しなければならないか」「しつこい勧誘はないか」担当者に確認します。勧誘の無いサロンであれば、電話では、「そのようなことはございません」という回答を担当者はします。

このやりとりは、録音されています。はっきり、勧誘がないと発言した証拠が残ります。その時に、担当者の名前を必ず聞いてメモするようにしましょう。

もしも体験エステでしつこい勧誘をされてしまったら・・・

当日、エステサロンでしつこい勧誘があった場合、契約させられそうになった場合、予約時の電話でのやり取りを伝えます。

電話で応対した方の名前を出し、「申し込みの時に○○さんはすぐに契約しなければならないということはありませんとおっしゃっていましたよ」「○○さんが勧誘はしないエステサロンだと行っていたのに、勧誘されている気分で不快です」

このように伝えると、それ以上しつこくするということはほとんどありません。予約時の録音が残っているので、トラブルを回避することができます。

また、契約する場合には、契約書や誓約書の内容をしっかり確認してサインするようにしましょう。

小中規模サロンは勧誘されやすいので注意

大手サロンはお客様相談センターを設置しています。電話のやりとりも録音で残す、勧誘がないことを公式サイト宣言するなどしているので安心です。しかし、小規模中規模サイトでは、店舗間で直接やりとりするので、予約時に勧誘の確認をする場合は、自分で録音を残すなどして臨む必要があります。

また、マンションの一室など狭い空間で接客された場合は、勧誘を断れない雰囲気になってしまうことがあります。録音など残しても、契約してしまった場合は、自分の意思で契約したとすごまれる可能性もあります。 勧誘や無理な契約などのリスクが大手サロンに比べてありますので、選ぶ際には注意しましょう。

エステ初心者には大手エステサロン

エステ初心者には、勧誘や契約のリスクのない大手エステサロンが安心です。中でもたかの友梨など知名度の高いサロンは、社員教育や社内システムが徹底してますので、万が一無理な勧誘があった場合にも、スムーズに契約解除ができます。

また、直接店舗とやり取りせずに、本部と電話で解約ができるので精神的な負担もありません。

勧誘の心配のあるサロンはエステ中級者になってから

管理人のようにいろいろなエステサロンを経験してくると、エステに関しての知識もついてくるので、きつい勧誘があるエステサロンでも勧誘されなくなってきます。

勧誘してくるところでも、結構魅力的なメニューを展開しているサロンがありますので、商品購入の提案など不要と思われるときにきっぱり断れるようになったら、そのようなエステサロンもトラブルなく利用することができるようになってきます。

トラブルなくエステサロンを楽しむための工夫

勧誘のないエステサロンでもしつこい営業が勧誘と感じる場合もあるので、まず、勧誘がないとサロン側が宣言したことを録音するなどして記録に残すことは重要です。

エステをいろいろはしごするようになってくると、良いエステサロン、悪いエステサロン、どの施術が効果的かどの施術方法が自分に合っているかがわかるようになってきます。

多くのサロンが当日契約する場合に一番お得な料金を提示しますので、条件が合致したら契約する流れに心も動きます。その場合には、支払える金額かどうか冷静になって契約するようにしましょう。

クーリングオフ制度を利用する

強引に契約に至ってしまった場合には、泣き寝入りせず、クーリングオフ制度を利用して契約を解除するようにしましょう。

契約を解除する場合には、契約時に交わした書類、契約書に、クーリングオフに伴う契約の解除の方法に従い行うようにします。

たいていの大手エステサロンの場合には、電話で「契約を解除したい旨」を伝えるだけで大丈夫です。

ただし、契約前には、必ず、契約書に書かれている内容を確認し、契約解除の方法などはしっかり読んで確認するようにしましょう。

クーリングオフ制度

エステサロンにおいては、特定商取引法におけるクーリング・オフができる取引と期間を8日間とし、その期間であれば、無条件に契約を解除することができます。

特定商取引法やその他の法律に定められた消費者を守る特別な制度です。

クーリング・オフは、消費者が訪問販売などの不意打ち的な取引で契約したり、マルチ商法などの複雑でリスクが高い取引で契約したりした場合に、一定期間であれば無条件で、一方的に契約を解除できる制度です。

勧誘されたときの対処法についてはこちらの記事でもっと詳しく紹介しています。
勧誘のないエステサロンと勧誘された時の断り方

管理人の場合

管理人の場合は、短い契約でそのサロンを終了し、他のサロンのキャンペーン価格を利用してエステをはしごしています。勧誘をきっぱり断る技も身に付き、いろいろなエステサロンを楽しんでいます。

エステサロンには、各種エステプランだけ利用できるようなところもあります。継続して通うと料金が高くて通えないサロンでもビジター価格で利用できるところもありますので、ボーナスやお誕生日月に自分へのご褒美として利用するのもいいでしょう。

高級エステサロンソシエなどは、ポイントのチケット制になっていて、購入したポイントを消化する形でエステメニューが体験できます。予算に応じてポイントを購入できるので、安く通うことも可能です。ご褒美エステとして会員価格で各種エステメニューも体験できます。

エステサロンには、サロンごとの特徴があります。上手に利用するとお得に体験できます。勧誘された場合の対処法もしっかり学んで、トラブルのないエステ体験を楽しみましょう。

地域別おすすめエステサロンはこちら

エリア別におすすめのエステサロンと各エステサロンの特徴をまとめました。こちらのページも参考にしてくださいね。

北海道
札幌
東北地方
青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
関東地方
群馬 茨城 栃木 埼玉 千葉 神奈川
東京
甲信越・北陸地方
山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海地方
岐阜 静岡 愛知 三重(名古屋除く)
名古屋
関西地方
滋賀 京都 兵庫 奈良 和歌山
大阪
中国・四国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄地方
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄